有村架純さんドラマで集団就職!

  • 2017.05.08 Monday
  • 14:08

 NHKの朝ドラ「ひよっこ」で谷田部みね子を演ずる有村架純さんが、
昭和40年3月に高校卒業と同時に茨城県の奥茨城村から、

集団就職列車に乗って東京上野に向かい下町の向島電機に就職し、

同社の女子寮に大勢の仲間達と寄宿生活をするドラマです。

 

 実家は農家で何年か前の不作の年に、農協に多額の借金をしたため、

その返済に追われている最中、その返済のために出稼ぎに東京に出ていたお父さんが行方不明になる、という物語の展開です。

 妹、弟が学校に行く資金を稼ぐためには、自分が東京に働きに出て稼ぐしかない、

という決意で東京に出て行き就職することになったのです。

 当時は、戦後の荒廃した日本を、昭和30年頃から高度経済成長政策により、

経済の復興を図ろうと、東京を中心とする京浜工業地帯、愛知を中心とする中京工業地帯、

大阪を中心とする京阪神工業地帯がおおいに工業が発展し、人手不足になっていったのです。

 中卒15才の少年少女、高卒18才の少年少女たちが、北は北海道、東北から南は九州から全国各地から集団就職列車に乗り込み就職していったのでした。

日本はまだまだ貧しく、地方や農村地帯から東京に愛知に大阪に向かいました。

 主人公を演ずる有村架純さんが上京する1年前の昭和39年には東京オリンピックが東京を中心に開催され、

それに間に合わせるために東海道新幹線が走るようになり、高速道路網も整備されることになりました。
日本中が忙しく熱に浮かされ、そして、みんな良く働きました。

 

                 記録 TH

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM